「ロックバンドは結局の所、男性メンバー中心のバンドが1番」

 

 

これがかれこれ30年近く生きてきた男の持論でした。

 

結局の所ガールズバンドの売りというのはまず頭に「若さ」があって、それに寄ってきた同世代の娘(こ)たちが「歌詞」に共感し、「楽曲」は三の次ぐらい。

しかもこれがメジャー出てるとなると更に「メディア受けする容姿」なんかが加わって、結局バントでなくても良いやんけ!もう良い!もう良いわ!辞めさせてもらうわッ!!!

 

と、エセ関西人化した脳内が更なる女性蔑視を唱え出し、フェミニスト団体から社会的死を告げられる未来しか見えなくなってくるので割愛。

 

 

結局の所ガールズバンドという存在を否定するわけではないけれど、自分のテリトリーには入り込まないだろうなぁというのが昔からありました。

 

そんなメンズバンド至上主義のおっさんの日々に何気なく聞いて観た赤い公園。

 

「チャットモンチー以降のガールズバンドはみんなチャットモンチーのフォロワーなんでしょ?SHISHAMOとかさぁ、聞いたことないけど」

 

という凝り固まった固定概念で出来上がった私の頭に強烈な一撃を与えたのが彼女たちの「今更」


赤い公園 - 今更

 え、メチャクチャカッコいいじゃん。

何この変拍子?楽器隊上手っ!何このVoの声質!今時のガールズバンドってみんなチャットモンチーみたいに可愛い子ぶった声で歌うんじゃないの!?SHISHAMOとかさぁぁぁあ!?!?

 

更にこの色彩をいじったMVが素晴らしいったらないのだ。

監督は田中秀伸氏。調べてみると淡い色調が好きな方らしく有名無名アーティストのMV、どれをみても色が淡い。

この色調の使い方が、この”今更”の浮世離れした雰囲気とうまく合っていて見ていて気持ちがいいのだ。


赤い公園 - 交信

 (同じ監督が撮った「今更」からの続き物のMV)

 

 

現在の曲調は、↑の曲が発表された頃(2013年)よりもPOP寄りになって大分聴きやすいものになっているけれど、要所要所で面白い事をやっていてそれもそれで堪らない。


赤い公園 - 絶対的な関係 (MV Full Ver.) 【フジテレビ土ドラ「ロストデイズ」主題歌 】

 (1:25~の歪みきったGt.のが堪らない)

 

今年6/21に新曲も発売する赤い公園、これからも自分みたいな色眼鏡野郎どもの鼻を明かしていって貰いたい稀有なバンドです。

 

journey(通常盤)

journey(通常盤)